【Splatoonネタ】エンドローラーカスタム作ってみたよ

非常勤講師としてプログラミングの集中講義をさせてもらったんですが、
学生たちが最終課題に取り組んでいる間、質問がない時間は暇なので
何か作ろうと思いたって約3時間、こんなものができました。

課題の発表会のオープニング的に披露しました。
マウスボタンでインクを発射して、背景の文字を浮かび上がらせるアプレットです。
インスパイアードバイSplatoonのスタッフロール。(最近はまってる)
openFrameworks使用。

インクの垂れと飛び散りとをうまく表現したかったんですが
パラメータを調整してもまあそこそこにしかならない。。
理想通りの効果を産むには処理から変える必要がありそうです。
(改めて本家Splatoonのインクの表現を見ると全然別物でしたし。。。 )

で、発展版としてエンドロールメーカー的なものをつくりました。
こちらはProcessing.jsを使っていて、ウェブブラウザで動きます。
とりあえずMac OSX 10.10.2(Yosemite)のFireFoxとSafariとChromeでは動作してます。
エンドローラーカスタム(スプラふうン)
ニコニコ動画(【スプラトゥーン?】エンドローラーカスタム つくってみた)

エンドロールをカスタマイズできるっていう意味も込めて
スプラトゥーンのブキっぽい名前のタイトルに。

エンドロールの最初と最後に載せる画像と
その中間に表示するテキストがWebページ上で変更できるようになっているので
遊んだり、使いどころがあればなにかに使ったりしてください。

クイックボム的なやつを実装したり、
インク色が時間で変わる(本家と同じ)ようにしたり、
それと並行してインク描画のクオリティあげたり、
動画/画像書き出し機能をつけたり、
複数人で同時に塗れるようにしたり、
いろいろやりたいことが膨らみますね。

僕の書いた部分のソースコードはMIT Licenseで、GitHubにて公開してます。
※リンク先にも書いてますが、
フォントは戸塚こだまさんのイカモドキをつかわせていただきましたので、
そちらの利用規約にもご注意ください。

それでは、イカ、よろしく〜!

 

Perfume Global Site Project #001

Perfume Global Site Project #001 でPerfumeのダンスモーションデータと曲データが公開されているので

一緒に公開されているサンプルコードを改造して動画を作ってみました。

Processingを使用してます。

気持ちいいディレイになると確信して作り始めたものの、まあやっぱ難しい。

こだわりだしたらきりがないので途中経過ということにしてアップ。

今後、曲の展開に合わせてパラメータを制御したりカメラをいじったり新しい処理を追加したり…

妄想はつきませんが、手の空いた時にゆっくりやろうかなといったところ。